立ち仕事などからくる慢性的な足の疲れを改善する方法

立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド

 
 
雑誌や本で書かれている方法で足の痛みを改善しようとしても、なかなか効果が現れない、といったこともよく耳にしています。

つまり、一般的に、「足の疲れは立ち仕事にはつきもの。その場だけでもとりあえず楽になる方法をして、あとは上手くごまかしながら上手につきあっていくしかない。」とされてきたのです。

しかしわたしは、「その場だけの気休め的な方法ではなく、根本から足の疲れを改善する事は出来ないのか!?」という課題を掲げ、11年間研究し続けました。

そしてついに、”ある方法”を発見したのです。

その瞬間は、「これだ!これなら足の疲れを改善させることが出来る!」と飛び上がる程喜んだのを今でも覚えています。

そして、興奮する気持ちを抑えながらも、その”ある方法”を実際に足の疲れで悩んでいる人達に試して貰うことにしたのです。

立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド

その人達はそれからも正常な足の状態を維持していくことが出来るようになりました。

これ以外にもわたしも驚く程数多くの方々が、たったの数分で大幅に足の疲れを改善する事ができているのです。

もちろん、薬を飲んだり、誰か他の人に足をマッサージしてもらったりは一切行なっていません。

つまり、意味のない気休めの方法をしたり、ごまかしたりする事なく、足の疲れを改善させることに成功したのです。

立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド

そしてこの足の疲れ改善完全ガイドのスゴイ所はまだあります。

立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド

立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド

人が歩いていて、足が地面に着く時には、自分の体重の4~5倍の体重がかかると言われています。

体重が50㎏の人なら200㎏以上の重さが毎回地面に足を着く毎に足にかかっているわけです

人は平均して1日に数千歩は歩きますし、ずっと立っているだけでもその重さはかかっています。

それだけの負荷がかかっている足を、ただ単に緩めただけでは何も問題の解決にもなっていません。

根本からその問題を解決し、さらにはその負荷に耐えられるようなサポートも必要になってきます。

足の疲れ程度は放っておいても直ぐに慣れる、という人が迎える怖い未来

足の少々の疲れは、一晩寝ればだいたい治っている、という人はいます。

しかし足の疲れを改善させずに我慢しているといろいろな問題が起きてきます。

先ず、足の裏にある筋肉が硬くなってきます。

普段この筋肉は弾力があり、ゴムのように伸び縮みします。

しかし疲れがあるのに処置をせずに放っておくと、この筋肉や腱が線維化して、硬くなります。

線維化して硬くなってしまうと、ゴムのような弾力がなくなり、糸のように伸び縮みしないものになり、切れやすくなります。

しかも1度線維化したら、二度と治りません。

この状態でも我慢していると、 筋肉はさらに硬くなり、 最終的にはちょっとした運動で 筋断裂に至る可能性もあります。

立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド

つまり、足の疲れを我慢する事により、将来、全身が疲れや痛み、不調で悩まされる可能性が高くなるということです。

そしてその不調は本当に悪くなるまで、余り自覚症状がないのです。

足の疲れを少しでも早く根本から改善しなければ、その疲労が全身を少しずつむしばんでいくのですから、この結果には大変納得できます。

立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド

「誰かに足を踏んで貰う」

1日立ち仕事で疲れて帰って、風呂上がりに足の裏を踏んでもらったら気持ちいいですよね。

でも家族にお願いすると、「面倒くさい!」とか嫌そうな顔されませんか?

気を使いながら何とかお願いしても、本当に自分が踏んで欲しい所とずれていたりして、「もうちょっと下」とか、「もっと右」とかを伝えるのが言えなかったりしませんか?

また、もっとやって欲しいのに、「もう疲れた」とか言って、中途半端でやめられてしまうこととかないですか?

立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド

「足ツボに通う」

足ツボマッサージ店で施術している人達の中には、実は無資格の素人もいるってご存知でしたか?

お金を払って素人に施術をして貰うのは不安だし、時間もお金も無駄ですよね。

それは意味がないはずです。

また、プロの方でも自分に合う合わないがあることもあります。

「足のマッサージ機」

そもそも値段が安くて小さいものはパワーが無くて効かないので、高いものを買わなければいけません。

でもそうなると大きくて置く場所がないし、音も振動もうるさくて何時でも使えないですよね?

壊れることもあるし、衛生面でも維持管理が大変でしょう。

足の大きさや形にマッサージ器が合わずに、自分の本当にほぐしたい場所に当たらない、という人もいます。

その他にも・・・
・強弱が自分のちょうどいい所に合わせられない 
・強さに慣れて物足りなくなってくる
・見た目がダサいからインテリアに合わない
・マッサージのパターンが少ないから飽きる
・持ち運びが不便

そんな理由で、いつの間にか使わなくなってホコリをかぶっていて、邪魔でしかない。

そんな声もよく聞きます。

「足を高く上げて寝る」

枕や布団等を足の下において、足を高くして寝るといい、というアドバイスがありますが、寝相が悪い人は朝起きたら枕がどこかにいってませんか?
 
 
>>足の疲れ改善完全ガイド公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド関連サイト】

立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド 立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド 立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド 立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド 立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド 立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド 立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド 立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド 立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド 立ち仕事からくる足の疲れ改善完全ガイド